高瀬アキ(ピアニスト、作曲家)

„ベルリンを拠点にジャズ、即興音楽シーンで国際的に活躍しているピアニスト・作編曲家である。桐朋学園大学ピアノ科で学ぶもののジャズピアニストの道に入る。1988年にベルリンに移住。90年からは音楽監督アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハと共に ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラを率いて演奏活動を開始し、ベルリンのハンス・アイスラー大学客員教授を務める。「プレイズ・ ファッツ・ウォーラー」を始めとする数々の プロジェクトで活動する他、SOlO, DUOではハン・ベニンク、ルイ・スクラヴィス、デイヴィッド・マレイ、ダニエル・エルドマン、アレキサンダー フォン シュリッペンバッハ等と演奏。

1999年より”言葉と音”シリーズとして作家 多和田葉子と公演を始める。世界各地 又日本でも早稲田大学、シアターXで毎年行っている。2008年から舞踊家の川口ゆいと“ピアノの中に都市がある“シリーズで欧米で公演活動。2022年はベルリンのSilent Greenで新作“Accento“3日間連続公演を行い高い評判を得る。2023年1月にBMCレコードからCD “Carmen Rhapsody“リリースされ オペラ歌手中村まゆみ チェリスト Vincent Courtois、サックス奏者Daniel Erdmannとケルンの(国際交流基金)文化会館にて舞台美術に塩田千春が加わったニューイヤーコンサートを行う。 2023年5月DUO ”AAPD“(Four Hands Piano Pieces)Alexander von SchlippenbachとCD並びにLPをTrost Recordsからリリース。同年11月のベルリンジャズフェステイバルでのDUOコンサートでは大好評を得る。 2024年3月にはダニエル・エルドマンとのDUO „ELLINGTON“がENJA Recordsから出版される予定。 また自己のクインテット「JAPANIC」で現在特に脚光を浴びている若手音楽家たち ダニエル・エルドマン、ビンセント フォン シュリッペンバッハ等と共にCD1作目”Thema Prima”に続き 2024年春には 2 作目のCD”FORTE“がBMC Records発売される予定。

受賞歴: ベルリン新聞文化批評家賞(1999年)、SWRラジオ局2002年度最優秀音楽家賞、2004年度ドイツ批評家賞ジャズ部門年間ベスト・レコード賞併せて9回 受賞 (1988-2017)
2018年度 ベルリン・ジャズ賞を受賞。2021年度 ドイツジャズ賞(ピアノキーボード部門)German Jazz Preis並びに
2021年度 Albert-Mangelsdorff Preis 2021 (アルバート マンゲルスドルフ賞)受賞。