高瀬アキ (ピアニスト、作曲家)

ピアニスト、作曲家
Profile:ヨーロッパを中心にジャズ、即興音楽シーンで活躍。国際的に高く評価され、欧州ほか、世界各地で演奏活動している音楽家。1988年よりベルリン在住。 同年音楽監督アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハと共に ベルリンコンテンポラリージャズオーケストラを率いて演奏活動を開始。1997年秋から2000年冬までベルリンのハンス・アイスラー大学に客員教授として招かれ教鞭を執る。グループ :PLAYS FATS WALLER、LA PLANETE、LOK.03、
SO LONG ERIC プロジェクト等で公演。デュオ:Han Bennink、Louis Sclavis,、Rudi Mahall,、David Murray、Daniel Erdmann、Alex v. Schlippenbach、などと共演。
今年2018年より新グループ JAPANICにて活動開始。他ジャンルとのコラボレーションでは、1999年より作家多和田葉子との“言葉と響き” デュオ・パフォーマンスを欧米、日本でも数多く公演、毎年恒例11月に東京シアターXで公演。2007年より舞踊家、振付家の岡登志子とのDUO、また彼女の率いるアンサンブル ゾネとの日本公演なども手がけ2015年の秋 音とダンスのコラボレーションとして、“飛ぶ教室は今”をドイツからのジャズミュージシャン、バスクラリネット奏者RUDI MAHALL、トロンボーン奏者 NILS WOGRAMをゲストに公演を行い、昨年の2017年9月に再演。
また2008年よりデュオ・パフォーマンスとしてベルリン在住の舞踊家川口ゆいと”ピアノの中に都市がある”(„Die Stadt im Klavier“)シリーズを定期的に公演している。
川口ゆいとの新作“Da Capo” Louis Sclavis、 DJIIIVibe、Kofie De Vibeと共演。オーストリアのBregenzにて4月にプレミア公演 2018年より活動開始。

主な受賞歴は、ベルリン新聞文化批評家賞(1999年)、SWRラジオ局2002年度最優秀音楽家賞、2004年度ドイツ批評家賞ジャズ部門年間ベスト・レコード賞、David MurrayとのCD „Cherry-Sakura“で2017年度2期ドイツ批評家レコード賞受賞、ドイツ批評家レコード賞 併せて9回 受賞 (1988, 1990, 1993, 1997, 2001, 2004, 2007, 2009, 2017)、2018年度 ベルリン・ジャズ賞を受賞。
公式サイト http://akitakase.de

https://www.rbb24.de/kultur/beitrag/2018/06/berlin-musik-jazzpreis-2018-an-aki-takase.html